江戸川区 新川さくら館公式サイト|江戸川区船堀新川沿いの花見、観光、散策、デートスポットなど憩いの場に。多目的ホール、集会室、喫茶店や広場等があります。

新川とその歴史

施設案内新川とその歴史周辺案内アクセス情報イベント情報画像ギャラリーお問い合わせ

新川の場所

新川の歴史

新川の場所

新川の場所

新川の歴史

江戸時代──「塩の道」新川

新川は、天正18年(1590年)、江戸城に入った徳川家康が千葉県の行徳までの塩の船路開削を命じ、道三堀・小名木川と同時に開削。以来、新川は江戸市中に様々な物資を運ぶ水路、行徳の塩を運ぶ「塩の道」として多くの人に利用されるとともに、沿川には味噌や醤油を売る店や料理店などが立ち並び賑わいを見せていました。
現在では、鉄道や車などの移動手段が変化したことや、水門で区切られたことで船の就航はなくなりましたが、都市空間の中の貴重な水辺としてとして活用されています。
天正18年(1590)
行徳の塩を江戸へ廻送するため舟運が始まる

寛永6年(1629)
三角渡し(現在の三角橋)以東が開削され新川と呼ばれるようになる

寛永9年(1632)
幕府特許の客船「長渡船」就航

明治・大正時代──蒸気船運航

明治時代になると利根運河が完成し、蒸気船が運航を開始。最初に登場したのは長距離路線で、東京 - 銚子間を結び、成田参詣の客に人気となりました。総武鉄道の運行と共に短距離路線へと移り変わり、「通船」と呼ばれる小型の乗合蒸気船が運航を始め、浦安と江東区の高橋の間を往復していました。

明治・大正時代 蒸気船運航

昭和時代──運河から憩いの水辺へ

昭和に入ると荒川放水路が完成。1928年(昭和3年)に葛西橋、1940年(昭和15年)に浦安橋が完成。時代は徐々に陸上交通に移って行き、東に大きく流れを変えた中川と荒川の合流部には船堀閘門が設けられました。
新川は東西の両端を水門で閉鎖し、東水門から導水して西水門から排水することで水位を低下させ一定に保つようになりました。新川は船の就航は行われなくなり、1979年(昭和54年)に船堀閘門も閉鎖されましたが、都市空間の中の貴重な水辺として親しまれてきました。

平成時代──新しい集いと憩いの川辺づくり「新川千本桜計画」

新川千本桜計画

1992年(平成4年)からは、東京都による護岸工事・耐震工事が行われ、新川の地下には日本初の河川地下駐車場である新川地下駐車場が作られました。
江戸川区では歴史あふれる新川を地域の人々の心の故郷・誇りとしていつまでも慈しんでいただけるよう『新川千本桜計画』を開始しました。新川の全長約3キロメートルの両岸に桜を植え、新しい桜の名所とし、潤いと賑わいのある街の創出のため江戸情緒あふれる川辺づくりや、南北地域の和が一層広がるよう人道橋並びに広場橋の架設など、歴史や文化を継承する空間の創出を図っています。 「江戸川区 新川さくら館」はその中心部に位置し、新川の歴史を伝えるとともに、訪れる人びとの交流の拠点づくりを目指して運営を行っております。

ページトップ